縮小市場にもかかわらず、売り上げを伸ばす「ハーレーダビッドソン」

お昼休みを利用して読んでいた本に、弊社が提供する顧客囲い込みのサービスに関連する興味深い内容が記されていたので、一部ご紹介したい。

harley_logo

-------------------------------------------------------------------------------------
ハーレーオーナーズグループの誕生
-------------------------------------------------------------------------------------
オートバイ(2輪車)の国内出荷台数のピークは1982年の約328万台。そこからオートバイの出荷台数は右肩下がりで、2010年は約38万台にまで減少。そんな中で、米国ハーレーダビッドソンの日本法人は設立以降、19年連続で伸ばしている。米国本国では1970年代に日本製の高品質で定価格のオートバイが米国に大量に輸入されると、ハーレーダビッドソンの米国内シェアは70%から30%台まで急落。経営破たん間際で経営幹部ら13名が再建に乗り出したタイミングでスタートしたのが「ハーレーオーナーズクラブ」。オートバイを購入すると会員になるコトが出来る会員組織であるが、現在では世界131カ国に於いて100万人以上gさ会員となっている(日本国内の会員数だけでも約4万人)。

-------------------------------------------------------------------------------------
ゲーム要素を取り込んだオーナーズクラブ
-------------------------------------------------------------------------------------
ハーレーダビッドソン愛用者には大きく分類すると2種類の愛用者が存在する。

①自由奔放に長い距離を走行する愛用者
②オプション部品等を買い揃え、自分だけの愛車作りに励む愛用者

上記のような2種の愛用者がよりハーレーダビッドソンの虜(とりこ)になってゆく仕掛け作りとして成功しているのが走行距離に応じてオリジナルグッズがもらえる仕組み「マイレージプログラム」。WEB投票などで自慢の愛車を披露し、モチベーションを上げることが出来る「カスタムコンテスト」ブランドが長期的に人々に支持され、成功するために必要な様々な要素の一部ではあるが、弊社がスポーツ・アウトドアブランドに提供させて頂いているサービスを自社内で完結させ、成功している良い例だなと感じました。

「TAG」の仕組みも様々な成功事例やご利用頂いているスポーツ・アウトドアブランド各社様の貴重な意見などを踏まえ、進化させていきたいと改めて感じました(by 田口)。

(文献: ゲームにすればうまくいく 著:深田浩嗣)

©2018 TAG CLUB All Rights Reserved  |  プライバシーポリシー